正社員に欲しいと思われる人は、こんな人です。

このご時勢に、正社員になるのは難しいことです。
ある程度の運も必要です。
しかし、正社員にほしいと会社から思われる人には一定の傾向があります。
年齢によって求められるものが違うので、年代別に紹介します。
20代・・・素直さ
30代・・・経験
40代・・・謙虚さ
50代・・・人望
それぞれ1単語で表すと、こんな感じです。
20代は、先輩の言うことを素直に聞き、なんでもどんどん吸収し、その会社の色に染まってくれそうな人が好まれます。
イエスマンなんて、と思うかもしれませんが、言われた事以上の事はまずできませんから、せめて素直に「イエス」と言えれば100点満点です。
30代は、そんな20代の経験を活かして即戦力となれれば一番いいのですが、もしその経験がないのならば20代に求められる「素直さ」と、40代に必須の「謙虚さ」をアピールしましょう。
面接時に演じるだけでも構いません。
そして40代。
プライドは捨ててください。
貴方は22歳の新卒社員よりも下っ端です。
入社順が全てを決める風潮は、良くも悪くも日本の伝統です。
50代は、若い人に信頼されること、現場をよく纏められること、できれば癒し役、頼られ役が出来る人が求められています。
様々な調整ができる人格者が求められます。